FC2ブログ
☆Happy☆な生活をのんびりと推進中!?
どうしても記しておきたい日のこと。
2007年06月20日 (水) | 編集 |
1年間のBlogブランク明けの私。
大人の1年間なんて、大きな変化や事件もそうそう起きないけれど、
子供の1年は、びっくり箱のように毎日に驚きが隠れている。
そんな1年をちゃんと記録していなかった事が、ズボラの張本人のくせにちょっと悔しいw

と言うことで、今日は空白の1年のとある日の出来事を書こうと思います <(*_ _)>ペリコ

その日は極々普通の日。
うちのマンションの敷地内で近所に住む子供たち4人(ひぃを含める)が
かくれんぼをして遊んでいました。
そこへ夕方5時を知らせるチャイムの音。
ママたちが「帰るよーっ!」とおのおのの子供たちに声をかけて帰宅しようとしていたその時でした。
普段は「早くしなさいっ!!」ヾ(*`Д´*)ノ"と言ったって、のんびりのんびりしている癖に、
まぁ、その時の逃げ足の速いこと速いこと。。。w
フェンスを乗り越えて、隣のマンションの敷地へ。。。 ∑ヾ( ̄0 ̄; ヲイッ!
まさに蜘蛛の子散らす勢い。。。で逃亡。
本来ならフェンスをよじ登って追いかけたいのですが、衝動を抑えて。。。w
すぐに大人4人、二手に分かれて、挟みうちにしようと上の道と下の道に分かれて、後を追うことに。
すぐに捕獲wできるだろうと高をくくっていたのですが、
見事に蜘蛛(雲)隠れ。。。 Σ(|||▽||| )
とは言え、5歳と4歳(2人)と3歳の子供。
その辺に隠れているのだろうと、敷地内を探すことにしました。
が、姿が見えない。。。 
5分ぐらい敷地をグルグル回って見ましたが、気配がしない。。。
段々と親の顔から、余裕が無くなってきて、範囲を広げて捜索開始。
とにかく、大きな声で子供の名前を呼び、通りがかる人たちに聞き込み、全速力で走りました。。。
が、いない。。。
辺りもドンドン薄暗くなり、『大丈夫』という文字がドンドン蒸発するように消えて。。。
携帯の時間を見ると、既に20分。。。
行きそうな公園も探しました。(直線距離で500M)
ママたちに電話しても、見つからないとのこと。。。
心臓をギューッというより、ジワジワと握られているような感触。。。
泣きそうになりながら、仕事中のジロさんに電話。
とにかく早く帰って来てとすがる他ありません。
会社から家まで車で40分かかるジロさんの指示通り、他のママたちにも電話し、
警察に連絡しようと同意を求め、いざという時の為に登録していた電話番号でかけました。。。
電話の最中も、とにかくただ漠然と走り続け、
子供たちの住所・名前・電話番号・年齢・着ていた洋服を伝えました。
事の大きさにどんどん『心配』から『最悪』な考えに頭を占領される私。。。
警察も到着するには10分ぐらいかかるとの事。
警察とは自宅マンションで落ち合うことになったので、進路を変えて自宅へ。
マンションに着くと、おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんたちも加わって探していました。
警察を待つ時間は、辛く長い時間。。。一秒一秒が凄く重たい。。。
押し潰されそうな私に、ジロさんからの電話
警察に電話したことを告げて、その後は何を話したか覚えていない私。。。
そこへ警察が到着。
パトカー3台と数人の警察官が徒歩で捜してくれているとのこと。
その時、他のママの携帯に電話がっ!
えっ!の一言で、その場にいた皆の目がそのママに集中













「居たって。。。見つかったって。。。」

。。。\(*T▽T*)/ワーイ♪

電話の相手は幼稚園の友達のママで、
とある大型ショッピングセンター(直線距離で1km)のゲームコーナーで、係りの人に保護されていたらしく、
丁度、そこを通りかかった友達のママが、連絡をくれたとのことでした。

。。。\(*T▽T*)/ワーイ♪

しかも、警察官の粋な計らいで、パトカー2台で迎えに行ってくれました。
(確認の為に親を一人同乗させて)
滅多にパトカーには乗ることはないだろうからと。。。ほんと、ありがとうございます!! (T-T*)

そこから、残った親は、どう叱ろうかと和気あいあいwと話し合い3日間の外出禁止が決定。

後は、してやったり顔で帰ってくるであろう子供たちを待ちました。
えぇ、子供たちの対応は予想通り。。。w
ちょっと踏ん反り返った感じで、お殿様のように意気揚々と戻られました。
が。。。うちのひぃは一人、ショボーン。。。
捕まった罪人のような雰囲気。。。w
あまりの落胆した様子に、雷を落とすきっかけを失い、とりあえず家に帰宅。

正座させて話を聞くと、どうやらひぃが逃亡の言い出しっぺのようで、
警察官が来ての大騒動となり、怖くなってしまったらしい。。。w
本人もかなりその時は反省した面持ちだったので、
心配したと言うことと、もう二度としてはいけないということを話して終了にしました。

そして、後日談なのですが、某ショッピングセンターが最初から怪しいと思っていたというジロさん。
「えぇーーーっ!!だったら最初から電話で言ってよーーーっ!」とブーイングすると、
一緒に話を聞いていた友達のパパが
「ジロさん言ってましたよ。hanamokoさん、それは絶対にないっ!!って言い切ってましたけど。。。」
との助け舟。。。
あえなく私の船は沈没したのでした。。。ブクブクブク。。。

とにかく、子供たちが皆、無事に帰って来て良かったです
今となっては、懐かしい思い出のひとつだし。。。w

でも、小さいお子様をお持ちのお父さん・お母さん!
ちゃんと気を付けていても、ちょっとした隙を子供は狙っています。。。

最後に反省のひぃの写真でおしまいにします
102704.jpg

このおサルさん。。。
2ヶ月程経ってから、また脱走を企てたと言うのはまた別のお話。。。 ε-(;ーωーA フゥ…

 笑顔になったらポチッと一票お願いします☆
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック